視覚発達支援研究会に行ってきました。

今回で14回目を迎えられた視覚発達支援研究会が東京で開催され、当協会の理事の二人が会員として会に参加してまいりました。

研究会では多くの専門家の方が登壇され、それぞれの分野で視覚と発達の関係、ビジョントレーニングとの関係など様々な角度で紹介、発表がありました。

この研究会の代表理事であり大阪医科大学 LDセンターの奥村先生からは新しく開発さてされこの秋には発売になる「WAVESデジタル版」の紹介があり、これまで私たちも紙ベースの取り組みをおこなってきましてが、デジタル版の開発により新たな可能性も大いに感じました。

活用による今後の取り組みと成果がとても楽しみです。

終わりには北出勝也先生のご挨拶もあり、アメリカから帰国されオプトメトリストとして活動され、早25年とおっしゃっておられましたが、当時はビジョントレーニングのことを知る人や興味を持つ人は殆どいない状態だったものが、最近ではさまざまなメディアでも取り上げられるようになり普及が進んでいることを大変うれしく思っているとお話がありました。

我々一般社団法人日本ビジョントレーニング普及協会も、すべての子どもにビジョントレーニングを!の理念を基に、ますますの普及して活動には取り組んでいくことをさらに決意して帰ってまいりました。