よくご質問をいただく内容についてお答えします。

Q1.ビジョントレーナーとはどのような職業でしょうか?

A1.はい。ビジョントレーナーとは、眼と頭脳と身体を視覚機能のトレーニングによってよりよく繋ぎ眼と脳に関する専門知識とメソッドを使って個人のパフォーマンスアップを支援する専門家このとです。

Q2.トレーナーの年齢制限はありますか?

A2.いいえ。特に年齢制限はありません。ただし、トレーニングメソッドを伝えたり指導したりはしますので、他者に教えたり指導したりの活動ができる方であればどなたでもOKです。

Q3.ビジョントレーナー以外にも活躍の場がありますか?

A3.はい。当協会でのトレーナーとしての活動はもとより、ご自身がされている活動のプラスアルファとしても活用いただけますし、職場やサークル・スポーツクラブ、地域の活動やご家庭内でも、様々な場面でご活躍いただけます。

Q4.どのような人材が求められますか?

A4.お子さまをお持ちのパパさん・ママさん・保育士、教員・子ども支援に従事する方、作業療法士、理学療法士、キャリアコンサルタント、スポーツのコーチやパーソナルトレーナー、老人介護や認知症の予防などにも有効ですので、誰かのお役に立ちたい、サポートをすることがお好きな方にはおすすめのお仕事です。

Q5.受講料などの支払いはクレジットカードを利用できますか?

A5.はい。楽天Payとsquareを取り扱っていますので、お手持ちのクレジット決済など様々なお支払方法がお選びいただけます。

Q6.事前の見学は可能ですか?

A6.はい。お子様との体験レッスンなど、随時お申込みの受付をしております。
ご予約・お問い合わせはこちら>>>

Q7.ビジョントレーニングとは?

A7.ビジョントレーニングとは、眼から入る映像情報や光や色など、それらの神経刺激を通して、眼と脳と身体をよりよく繋ぎ、心と体と知能と才能を引き出す能力開発や個人のパフォーマンスをアップさせるトレーニングをいいます。

Q8.ビジョントレーナーになるための学歴などの条件、必要な資格、経験はありますか?

A8.ビジョントレーナーになるための学歴などの条件、必要な資格、経験は特にありません。むしろ、子どもの発達障害や視覚障害などの課題解決に向けた活動に意識が高く、また、誰かのお役に立ちたいという気持ちをお持ちの方であれば、どなたでもビジョントレーナーになっていただけます。

Q9.ビジョントレーナーの役割は?

A9.ビジョントレーナーの役割は、トレーニングをおこなって、その方のなりたい自分になるためのサポートをすることと、なによりその方がまだ開発されていない能力や才能を引き出し、目標や夢の実現へ向けサポートするコーチ的な役割です。

Q10.ビジョントレーナーはどんなところで活躍していますか?

A10.ビジョントレーナーは、現在は小学校の先生方にトレーニング法を教えたり、放課後等ディサービスや幼稚園、保育園などでビジョントレーニングを導入しておられるところで、教えたりプログラムを実践したり、色んな場所や地域で活躍しています。

Q11.ビジョントレーナーの需要は?

A11.しっかりとした知識とスキルを持つプロのビジョントレーナーが不足しています。それは、最近は教育関係や子供の発達支援機関や学校など、いろんなところでビジョントレーニングが注目されており、米国のオプトメトリストからしっかりと知識やスキルを学び、そのほか専門の関係機関やエキスパートとつながりを持っているトレーナーも少ないため、望まれている子供や保護者の方がたくさんおられるにもかかわらず、全国的にまだまだビジョントレーナーは足りていない状態です。

Q12.どのような人が向いていますか?

A12.発達障害や視覚障害、学習障害などの症状を持つお子様の保護者の方、そして健常なお子様の子育て中のママさんパパさんから、教育や子どもの発達支援をされておられる方、また、子どもが好きでたくさん遊んだりお絵かきをしたり、子どもといることが楽しいと思える方に向いていています。

Q13.2級、1級、マスターの難易度、役割について詳しく教えてください。

A13.認定2級講座は「学ぶ」ということを中心に、終日の約7時間の講座です。内容は、ビジョントレーニングについての基礎的な知識と、ビジョンがうまく使えていないことで起きる心の問題などのお話も含め、メンタルのことについても学ぶ時間を設けています。まずは「知らないを知る」「自分と周りについて」ということが認定2級講座です。そして、1級講座ですが、こちらは約7時間を2日間かけて学んでいただく講座ですが、1級より資格を発行させていただくことで、認定講師として2級講座の開催をおこなっていただくスキルと、ビジョントレーナーとしても実践できるスキルを身に着けていただく講座となっています。また、人との関りで最も重要であるコミュニケーションについても学んでいただきますので、対人関係が苦手と思いがちの方でも敬聴力の高いコミュニケーションの技術を習得できます。カウンセリング、コーチング、キャリアコンサルタント、メンタルトレーナーなどの豊富な経験とスキルを持つ講師が懇切丁寧に指導するので、他社へのサポート等の経験のない方でもどなたでも受講できスキルが習得できます。したがって1級を終了され協会より正式に認定されると「教える」という資格が付与されます。そして認定マスター講座については、プロのビジョントレーナーとして企業や活動をされる方へのプロフェッショナル育成講座となります。講座は7時間を3日間ですが、月に一度7時間の講座を3か月にわたり受講します。その期間中は課題や実習、ビジネススキルやマネジメントスキルなどの事業計画書の作成などもあり、3日間というよりは90日間のトレーニングを受けていただきます。したがって、認定マスター資格を取得後は事業や人材、クライアントを「育てる」ということを学びます。

Q14.この講座を受講すれば、誰でもトレーナーとして活動できるのでしょうか?

A14.はい、もちろん活動いただけます。ただし、当協会の認定講師として活動される場合や、当協会の認定ビジョントレーナーとしてご活動される方は、年に一度、認定料をお支払いいただき、以降は年度更新が必要となります。(認定料:2級3,000円+税、1級30,000円+税)

Q15.他の機関にも講座がるようですが、当協会の特徴について教えてください。

A15.当協会の特徴は独自のメソッドであることです。当社独自のメソッドとは、米国オプトメトリスト(アメリカではドクター)が指導するビジョントレーニングを基本に、心理カウンセリング、脳科学、行動科学、パーソナルコーチング、キャリアコンサルティング、メンタルトレーニング、体幹トレーニング、五感コンディショニングなど、数多くのサポートプログラムを活用しています。また、人材支援業界で20年以上の経験と実績を持つ講師がその指導にあたり、ビジョンに関する専門の医療機関やビジョントレーニング界の専門家の方、その道のエキスパートの方々と連携しており、困ったときでもすぐの相談ができるサポート体制が整っております。そして、副業として認定講師や認定トレーナーとして活動される方から、教室やスタジオ運営、また事業として起業される方まで、ビジネスとしての立ち上げ方法や販売促進、ファイナンスのコンサルティングや事業の成功まで、関係各所と連携した幅広いサポート体制があります。

Q16.この認定は、資格に値するものでしょうか?

A16.はい。この認定は、当協会が認定講師として、認定ビジョントレーナーとして活動していただく際の資格に値するものです。ただし、この資格種別は国家資格のような国の基準で作られた資格ではなく、あくまでも一般社団法人日本ビジョントレーニング普及協会の民間資格です。

Q17.海外でも活躍するチャンスはありますか?

A17.はい。十分にチャンスはあると考えています。現段階ではまだ日本国内の普及を目指していますが、子どもの才能の開花や高齢者の健康長寿に役立つものであるため、日本だけではなく世界にも通用するメソッドであると考えています。

Q18.講座参加費以外に必要な費用はありますか?

A18.いいえ。講座受講費にはテキスト代や昼食代も含まれています。ただし、協会会員として志を持って活動いただける方は、認定2級講座を受講の方で3,000円+税、認定1級講座を受講の方で資格認定を受けられる方は30,000円+税が別途必要になります。

Q19.講座参加費は分割支払いは可能ですか?

A19.誠に申し訳ございません。分割払いは承っておりません。

Q20.講座の学習時間、学習期間は自由に選べますか?

A20.各講座の受講時間は認定とレクチャーとプログラム実習の兼ね合い上変更はできません。学習期間については、各講座の開催日が決まっていますので、その日程の中からご自由にお選びいただけます。また、認定1級講座については日程では連日の2日間を予定しておりますが、月をまたいでの受講は可能です。(ただ、早めに受けないと忘れてしまうかもしれませんが・・・笑)

Q21.トレーナー認定料は講座料金とは別に必要になりますか?

A21.はい。認定講師の方と認定ビジョントレーナーの方は認定料が別途必要です。(年会費:認定2級3,000円、認定1級資格30,000円、認定マスター資格50,000円(税別)※マスター資格と1級資格を同年で取得の場合、マスター認定料は差額の20,000円(税別)