【資格認定講座についてQ1. 】 2級、1級、マスターの難易度、役割について詳しく教えてください。

【講座についてA1. 】

認定2級講座は「学ぶ」ということを中心に、終日の約7時間の講座です。
内容は、ビジョントレーニングについての基礎的な知識と、ビジョンがうまく使えていないことで起きる心の問題などのお話も含め、メンタルのことについても学ぶ時間を設けています。
まずは「知らないことを知る」「他者と自分を知る視点を持つ」ことが認定2級講座です。

1級講座は、こちらは約7時間を2日間かけて学んでいただく講座ですが、1級より資格を発行させていただくことで、認定講師として2級講座の開催をおこなっていただくスキルと、ビジョントレーナーとしても実践できるスキルを身に着けていただく講座となっています。
また、人との関りで最も重要であるコミュニケーションについても学んでいただきますので、対人関係が苦手と思いがちの方でも敬聴力の高いコミュニケーションの技術を習得できます。
カウンセリング、コーチング、キャリアコンサルタント、メンタルトレーナーなどの豊富な経験とスキルを持つ講師が懇切丁寧に指導するので、子どもや大人などの誰かへのサポート等の経験のない方でもどなたでも受講できスキルが習得できます。
したがって1級を終了され協会より正式に認定されると「教える」という資格が付与されます。

認定マスター講座については、プロのビジョントレーナーとして企業や活動をされる方へのプロフェッショナル育成講座となります。
講座は1回ごとに約7時間をおこない3か月間で月に一度3か月にわたり受講します。
その期間中は課題や実習、ビジネススキルやマネジメントスキルなどの事業計画書の作成などもあり、90日間の間で様々な学習や実習トレーニングを受けていただきます。
したがって、認定マスター資格を取得後は事業を起こしプロとして起業家として、人材、クライアントを「育てる」ことを学びます。